3月20日、新宿文化センターで、秋葉原区立すいそうがく団設立記念演奏会が開催されましたので、行ってきました。

Resized_20160320_103433844_iOS

Resized_20160320_103430030_iOS


私が秋葉原区立すいそうがく団のことを知ったのは、テレビアニメ「響け!ユーフォニアム」の放送開始直後に、この演奏を見た時です。



調べてみると、アニソンなどを演奏してYouTubeで公開しているようで、演奏も上手く気になっていました。
それが、このたび正式に楽団として発足するそうで記念演奏会を開催するとのことでしたので、東京まで聞きに行きました。



 
曲目は、こちら。




演奏をライブ録音してCDで発売するとのことで、曲と曲の間の拍手なし。
演奏会というより、公開録音という感じでしたが、コンクールの雰囲気が出ていてそれはそれで良かったです。(コンクールも課題曲と自由曲の間に拍手はしません)

そこで、感想など良かったところ、あまり良くなかったところを含めて書いてみようと思います。

マイクブーストが(たぶん)なかった
オーケストラによる、とあるアニメの曲の演奏会を聞きにいったことがあるのですが、壇上にマイクが何本も立っててスピーカーから聞こえる音しかしませんでした。スピーカーから聞くのであれば、わざわざ会場まで足を運ぶ理由はありません。
この演奏会は機械を通さない生の演奏を聴かせてくれました。
演奏もレベルが高く満足できました。(でも、ちょこちょこミスがあったのはやっぱり練習不足かな?)
 

「響け!ユーフォニアム」の劇伴の吹奏楽アレンジ
コンクールで使われた課題曲「プロヴァンスの風」自由曲「三日月の舞」やOp\Edは楽譜がありますが、劇判には、たぶんまだありません。私が知らないだけであるのかもしれませんが、吹奏楽用に編曲している必要があります。インタビューなどで明らかにされていますが、ユーフォの劇判は演奏と区別するためにあえて管楽器を入れない構成にしています。それを吹奏楽用にアレンジするのは大変だったと思います。

愛を見つけた場所
久美子の音を担当された方と香織先輩の音を担当された方の共演ですが、味わいしみ出てきました。

プロヴァンスの風
ピッコロのソロの時、バックの音量をもう少し落としてソロを目立たせた方が私は好きです。
ソロ、良かったです。

三日月の舞
やっぱり、この曲は凶悪なくらい難しいと思います。
出だし若干テンポが速かった気がしますが気のせいかも。ライブCDを入手したら確認してみよう。
あと気になったのは、滝先生の言葉のとおり「この曲はホルンがかっこいい曲です」
もう少しバリバリ鳴らしてほしかったなぁ。でもこの人数で4名(に見えました)は、少なすぎだと思います。できればあと1人ないし2人入ってほしいところです。
でも全体的には良かったです。

アンコール Dream Slister (Wind Orchestra Ver) 
総勢216名による演奏は圧巻です。これライブCDには入らないのかなぁ?
権利関係が難しくなるかな?

次が楽しみです。